21世紀を代表する会社サイバーエージェントの成長するしかけとは

21世紀を代表する会社サイバーエージェントの成長するしかけとは

こんにちは!人事組織コンサルタントの河畑福太郎です。

渋谷に本社があるサイバーエージェントは、メガベンチャーとして有名です。
小規模のベンチャー企業だったサイバーエージェントが短い期間で急成長を遂げたことは、ビジネス界の成功物語のひとつです。

サイバーエージェントの特徴は、自社で新規事業を立ち上げて成長していることです。
インターネット産業の世界では、時代に合わせた事業戦略と新しいビジネスの創出が必要となります。
1998年に創業されたサイバーエージェントは、これまで公言実行を貫いています。

創業当時はインターネット広告事業が中心でしたが、その後は収益の高い企業を目指します。
インターネットメディア事業で成功し、優れた技術者を多く抱えている人気企業になっています。
サイバーエージェントが飛躍できた理由のひとつが、社内環境です。

GEPPOでのアセスメント

インターネット産業は大型の設備投資がなく、経営資源は人です。
サイバーエージェントでは社員の能力を最大限に引き出すために、独自の施策を持っています。
GEPPOは社員の現在の状態や抱えている問題、キャリアなどについてアンケートを回収するシステムで、回答をベースに人材の適材適所を図ります。
アンケートを行うことで、業務量改善などの問題にも取り組めます。
戦略的な人事配置について役員が話し合う場が人材覚醒会議です。優れた人材を最も適した場所に配置することで、個人も事業も成長させることを目的にしています。

人事異動制度

チャレンジ制度

現在の部署で1年以上勤めた場合、希望する部門やグループ会社への異動ができるチャレンジ制度があります。
サイバーエージェントには様々な人材育成制度が揃っています。

取締役交代制度

独自の業務執行取締役交代制度があり、役員を事業戦略に合わせた構成にして強い組織を作り事業の拡大を目指します。
サイバーエージェントでは若手社員が抜擢されることが多く、新卒社長という言葉もあります。社員によっては、入社して1年目で子会社の社長に就任する人もいます。

新規事業への取組

あした会議

社外でも有名なあした会議では、サイバーエージェントの未来つながる新規事業案や様々な課題解決案を提案し決議します。あした会議は1年に2度開催されます。この会議からは多くの新規事業が誕生しています。

事業プランコンテスト

スタートアップチャレンジは社員や内定者向けの事業プランコンテストです。
役員にプレゼンし、事業案が決議されると事業化へと移行します。
スタートアップチャレンジは、サイバーエージェントらしい仕組みのひとつです。

女性の活躍

女性に優しいことでも知られるサイバーエージェントは、女性が快適に働くことができる環境づくりにも取り組んでいます。
女性の管理職比率が約2割と日本の企業の中では多く、女性執行役員の活躍も目立ちます。

女性促進制度

女性活躍促進制度は女性が出産や育児を経ても仕事が続けられるように、職場環境の向上を目指した独自の制度です。

表彰制度

サイバーエージェントグループでは、全社員が参加する社員総会を実施しています。MVPの表彰などを行って活躍した社員を称えます。
YMCAは20代若手社員の活性化組織で、若手バージョンのあした会議などを通じて20代社員のコミュニケーションを促します。

成長をサポートする制度

技術者の活力を高める制度

優秀な技術者が多いサイバーエージェントには、技術者向けの支援制度もあります。

勤務している技術者が能力の向上を目指して開発に集中できる環境を提供しています。
技術者の活力を高める8つの制度があります。

コミュニケーション制度

上司と部下がコミュニケーションを取れるように、月1回の面談が推奨されています。
業務状況を月に1回シェアすることで、大きな組織内での孤立を防ぎます。
部署内での懇親会もあり、1人あたり5000円の懇親会費用は会社が負担してくれます。

福利厚生

企業にとって重要なのが福利厚生です。
サイバーエージェントには、安心して働くことができる福利厚生があります。

家賃補助制度

社員にとっては嬉しい家賃補助制度もあります。条件があるものの、正社員に対して月に3万円の家賃補助が支給されます。
勤続年数が5年を経過した正社員に対しては、住まいがどこであっても月5万円の家賃補助が支給されます。

リフレッシュ休暇

熱心に仕事をした後は休息も大事です。
サイバーエージェントにはリフレッシュ休暇があります。
リフレッシュ休暇を利用して心身をリフレッシュすることが出来ます。入社3年目の正社員であれば、毎年5日間の特別休暇を取ることができます。

医療費の負担

病気だと仕事にも影響が出てしまいます。
サイバーエージェントでは、健康維持のためにインフルエンザ予防接種をはじめ、婦人科検診費用を全額会社で負担しています。
月2回まで無料でマッサージを受けることができるマッサージルームを完備しているのも魅力です。

 

ベンチャー企業には珍しい退職金制度

サイバーエージェントでは、退職金制度も充実しています。
業績連動型の退職金制度で、30歳から積み立てをスタートし、40歳から受け取れます。
会社の業績と連動して、営業利益の一定率が配分されます。

ランチサポート

ランチ代のサポートも好評です。様々な種類のお弁当を通常価格よりも安く購入することができます。
ランチ代の一部は、会社が負担しています。

組織カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。