当ブログの経緯と背景 ~全ての働く人を幸せにしたい~

当ブログの経緯と背景 ~全ての働く人を幸せにしたい~

初めまして、当ブログ管理人の人事組織コンサルタントのレイルです!

私は大学を卒業してからの6年間で5度の転職をしました。
業界はリフォーム、保険、IT、業種は営業、テレフォンアポインター、ITコンサルタント等、似ても似つかない経験ばかりです。

これまで働いた会社の規模は10人~4000人。新卒で入社した会社は2ヵ月で辞めました。
そんな私がブログを書いている理由を本日は書きたいと思います。

1.全ての働く人を幸せにしたい

1日のほとんどが労働時間

理由は「働く人を幸せにしたい」からです。
よく言われる言葉ですが「1日の時間はほとんどが仕事」なんですよね。

2時間程残業して、電車で帰って、ご飯食べて、お風呂入ったらもう夜中じゃないですか!
あ、それが嫌ってわけではないですよ。月400時間働いて、会社に泊まってたのなんて今では楽しい想い出ですから。

だからこそ、仕事が人の幸せを決めると言っても過言ではないんですよね。(もちろん幸も不幸も決めるのは自分自身という考えもあります)
自分自身が働く中で私は「働くを通じて人を幸せにしたい」そう思うようになりました。

楽しくなきゃつまんない

やっぱり楽しくなきゃつまんないじゃないですか。楽しくできるなら楽しくしたいですよね?そう思いません?
「仕事はつまらない」そういう人もいるかと思います。
でも、私は仕事を楽しくしたいです。そう思えば楽しくなると思ってます。
だからこそ、皆が楽しく仕事ができるような環境を整備したり仕組みを作っていきたいんです。
そういえば、昼休みに同僚と喋ってただけで、仲良くするのは良くないって言われたこともありますな。

楽しさは伝染する

楽しさって伝染しませんか?人が笑っているのを見ると微笑ましいですよね?
私は楽しくない人生なんて嫌だし、一緒にいる人と楽しく過ごしたい。
楽しく、笑顔が溢れる職場があれば最高だと思う。だからこそ、それを実現したい。

2.ミスマッチを絶対に防ぎたい

ミスマッチは誰も得しない

本当にこの通り!マジで意味ないと思います。
入社してもらいたいが為に、見栄張って、嘘言って。もはやミスマッチどころかただの詐欺ってともよくある。
360度評価なんて全く取り組んでいないじゃないですか!上司の独断定点評価は良くない!!、、、、独り言です。。
これは私も経験してきたので、ここは本当に減らしたい。
もっともっと採用の在り方を見直していくべきだと本当に思う。

無駄な転職はして欲しくない

5回も転職している私が言うのも何ですが転職はしたくないんですよ。
一つの会社でずーっと働きたいんです。最後の転職と思って入社した会社だと思ってたんですが、実際に転職してますが。
転職って心身共に疲れるんですよね。
複数の求人サイトを見たり、転職エージェントとやりとりしたり、面接の日程調整したり。
会社に罪悪感を感じながら転職活動したり。(罪悪感感じる必要全くないですよ!)
だから、一つの会社で長く、満足して働けるならそうしたいと私は思っています。

機会損失だから

マジで無駄です!企業も働く人もお互い無駄でしかないです。
企業にとっては時間とお金がすこーし無駄になっただけかもしれませんが、働く人は人生を賭けてそこにいるわけだから合ってない会社で時間を過ごすってことは本当に無駄だと思う。
適材適所って言葉があるように、一番適した場所で働くべき。

3.みんなに活躍できる場を提供したい

自分自身会社によってパフォーマンスが違った

会社によって自分自身のパフォーマンスや評価って大きく異なるんですよね。
今いる会社でパフォーマンスが出ていない、または評価されないってだけで落ち込むべきではないと思う。
今いる環境が合っていないだけかもしれないし、評価すべき人間がクソなだけかもしれない。
そもそも最終的には自分の評価は自分でするべき。人の物差しなんて気にしないでよい。

モチベーション高くイキイキと働きたい

私はモチベーション高くイキイキと働き続けたいです。
みんながみんなそうだったら活気があって楽しいと思う。
モチベーションが高いってことは、自分の事が好きで、会社の文化や働く仲間が好きで、、、etc
色んな要素が複雑に絡み合って全てが良くないと中々実現するのが難しいんですよね。

自己実現して欲しい

就活生かよ!って思われるかもしれませんが、仕事は自己実現する場だと本気で思っています。
だからこそ、働く仲間は大切にしたいし支援したい。
やる気ある若手を奴隷のように扱い、使い捨てにする企業なんて無くなればよいと思います。

4.ブラック企業の浄化

不当に安い賃金で働いている

皆さん安い賃金で働き過ぎです!安いのはいいんですが、本当にそれが適正な給料なのかよ!っていつも思います。
特にIT業界は多い。私自身、転職して給与が2倍になりました。
誰よりも安い給与で働いていたのにも関わらず査定面談で「給料が高い」って言われた時には「この会社やーめよ」って思いましたね。
そもそも査定面談ってネーミングがナンセンスすぎて笑えます。
自分の価値を確かめるためにも転職活動はしてみるとよいと思います。

公平でない不当な評価

上記と内容が重複するかもしれません。
公平でない不当な評価をしている企業って沢山あるんですよ。
好き嫌いだけで判断している会社が。ま、そんな会社は伸びないのでいいんですが、働く人が可愛そうです。
私は、辞めてから知ったけど基本給が一番低かったです。未だにどう考えても公平でないなーと思っています。

本人の望まない長時間労働の是正

本人が沢山働きたい!って言っているなら話が別ですが、無駄な残業はなるべくなくしたい。
長時間労働しないと経営が続けられない企業は無くなってしまえばよいと思います。
だからこそ、利益率高いビジネスモデルを築き上げる必要が経営者にはあると思います。

搾取をなくしたい

労働者を搾取している企業が目に有り余るほどに多くありすぎる。
コキ使われて辞めた後に後悔するなんてありえないですよ!人生もっと楽しんで欲しい。
企業も働く人もWin-Winの関係を作りあげたい。

最後に

ばーっと走り書きをしてしまいましたが、私の思いはご理解いただけたでしょうか。
「働く人を幸せにしたい」と本気で思っているので、私は実現をするために日々邁進します。

 

 

人事カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。